• PPK、一日にしてならず。 はコメントを受け付けていません。

PPK、一日にしてならず。

IMG_2693

一昨日、1日置きにブログを更新すると誓いを立てたもので・・・書かなくちゃ(笑)

昼間FBにも投稿したのですが、昨年から、訪問介護で伺っている利用者さんのご家族が倒れるケースが続いているんですよ。

今日も午前中の利用者さんに伺ったら、緊張の面持ちで・・・

 

働き盛りの息子さんや娘さんが倒れたとなると、そのご心労はかなりのものです。お孫さんといってもまだ学生だったり、働き始めたばかりとか・・・。そうなんです。家族の誰かが倒れると、一瞬に生活そのものが大変になります。元気な時は、そんなことは考えもしないのですが、その時というのはある日突然やってくるのです。一生懸命家族で支えあおうとしても、必死さが空回りすることもあるし、こころの余裕もなくなってくることもしばしばです。だからこそ、自分が元気でいることは、周りのために本当に大事なことなんです。

もし、今、体調が思わしくないようでしたら、10年遡ってみてください。仕事は、楽しんでやれただろうか?(嫌々するのと、大変でもやりがいに変えて仕事するのには大きな違いがありますから・・・)周りとうまくコミュニケーションは取れていただだろうか?家族と過ごす時間を大事にできただろうか?自分が挑戦してみたいことに、躊躇してなかっただろうか?体にいいものを取り入れただろうか?

笑っていただろうか?・・・・・

 

この振り返りは、すごく大切で、どこかに小さな綻びがあれば、自分で気が付かないうちに体を蝕んでいるかもしれません。

今日、利用者さんがポツンと言われた言葉が、心に沁みました。

「わたしがね・・・自分の病気のことばっかり話して、息子の仕事の大変さをちっとも聞いてやらんかったから・・・」

 

それでも、自分の身体は、自分で責任持つしかないですから・・・身体の発するメッセージを見逃さないでくださいね。


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る