• 元気だけれど、一人じゃ不安 はコメントを受け付けていません。

元気だけれど、一人じゃ不安

10933943_762575270499056_3235683373466813191_n

久しぶりの更新です。すみません。介護の仕事の中で利用者さんの入院は避けられないことなのですが、一定期間治療に専念して、退院後の行き先を考えるのはとても難しいです。ご自宅で支えられる家族がいらっしゃる方はまだいいのですが、一人暮らしの方は、関係者とともに悩みます。ご本人さんの希望を最大に考慮しても、経験上、ある程度予測がつくのも現実で、また、倒れなければいいけれど…と不安はつきものです。ご本人も、家に帰りたい、けれど一方で一人じゃ不安・・・と。

ここは、もの凄く、悩み考え、苦しい時期なのですが、絶対に人任せにしてはいけないと思います。周りは早く早くと、追い込み気味になるものなのですが、暮らしが変わるとは、他人には計り知れない不安と背中合わせなのです。この不安を少しでも少なくするためには、50代後半くらいから頭の片隅に入れておき、60代のうちに、一度、自分のこれからの行き場所の目星をつけておく。70代の身体が動けるうちに移動しておく。私が常々イメージしているのはこんな感じです。病気で倒れてから・・・というのは、本当に選択肢が少なくて、自宅に戻るのが難しい場合には、空いてる施設に行くということしかできません。自宅で最期まで過ごせるのがなにより一番ですし、そういう社会になればいいのにといつも思います。けれど現実的には難しいですね。それでも、しょうがない・・・とあきらめるより、何かひとつでもアクションを起こした方は、良い結果を生むのでないかと信じています。


関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る